Home >> たけしのみんなの家庭の医学 >> [たけしの家庭の医学]便秘解消法 1月17日 ワン・ツー呼吸法 鈍感腸 セカンドブレイン 小林弘幸

[たけしの家庭の医学]便秘解消法 1月17日 ワン・ツー呼吸法 鈍感腸 セカンドブレイン 小林弘幸

2012年1月17日 テレビ朝日 たけしのみんなの家庭の医学3時間スペシャルは
今年こそ治したい!しつこい身体の不調を解消する5つの新事実スペシャル
便秘、肩こり、頻尿、冷え性、不眠の本当の原因 便秘編です
出演者:ビートたけし 喜多ゆかり
五月みどり 岡本麗 アグネス・チャン ラサール石井 ガダルカナル・タカ 東幹久 他
2012年1月17日 たけしのみんなの家庭の医学はページ最下段のリンク参照

順天堂大学附属順天堂医院便秘外来 小林弘幸先生
■治らない便秘の原因は脳にあった!
鈍感腸(どんかんちょう)
⇒鈍感腸は頭の脳ではない別の脳と関係している
 便秘の多くの原因はセカンド・ブレイン(第二の脳)が関係している

通常の排便の仕組み
⇒排便のきっかけは食事
 胃に食べ物が入ることで腸を動かすスイッチが入る
 食べ物の重さで胃が下がり腸が刺激される
 腸がぜん動運動を始め便が動き始める
 大腸の上の部分から肛門まで1〜3時間で運ばれる
 直腸にセカンドブレインがあり、便があることを脳に伝える
 伝わると便意を感じ肛門が開いて排便される

脳には約150億、神経細胞があるといわれており細胞同士で信号を
やりとりして考えたり身体の動きを制御している
脳を次に神経細胞が多いのが腸!
小腸や大腸の壁に約1億個神経細胞がある
腸の神経細胞(セカンドブレイン)は脳とは関係なく、独自に腸を
動かすことが出来る
神経細胞が多い腸は環境やストレスの影響を受けやすい

便秘の患者の場合
⇒神経細胞に、ある変化が起こっている場合がある
 神経細胞が便に反応しなくなると脳に便があることが伝わらず
 便意を感じないため便が溜まり続ける⇒鈍感腸

問.神経細胞が変化する原因は?
答.生活習慣

■神経細胞を変形させる生活習慣とは?
・不規則な生活
⇒睡眠と食事のリズムがバラバラ
 それによって自律神経が乱れる
 交感神経優位が神経細胞の変形を招いた

自律神経
意思とは関係なく作用する神経
交感神経と副交感神経がバランスを取っている

問.なぜ副交感神経が働かないと神経細胞が変形する?
答.交感神経が優位になると身体が緊張するため血管が細くなり
  腸が動かなくなる
  腸が動かなくなることで便が一か所に長くとどまり、悪玉菌が増殖し
  腸に炎症が起き、神経細胞が変形すると言われている
  副交感神経が優位になると身体がリラックスするため血管が開き腸が
  動くようになる

問.繊維質を食べても効果はない?
答.食べ物だけでは腸の動きは良くできません

問.規則正しい生活でしか便秘は改善しない?
答.基本は規則正しい生活です

■誰でもすぐできる便秘解消法!
ワン・ツー呼吸法
⇒ヨガのような長くゆったりした呼吸法で身体がリラックスし
 副交感神経が優位に
・1:2の呼吸法
⇒吸った時間の倍かけて息を吐く

<やり方>
1.5秒間かけてゆっくり鼻から息を吸う
2.口をすぼめて10秒かけて口からゆっくり息を吐く
3.これを1回5分間朝・昼・晩の1日3回行う
※効果がない場合は他の原因も考えられるので専門医を受診してください




2012年1月17日 たけしのみんなの家庭の医学全情報
 2012年1月17日 たけしのみんなの家庭の医学 頻尿編
 2012年1月17日 たけしのみんなの家庭の医学 冷え性編
 2012年1月17日 たけしのみんなの家庭の医学 不眠編
 2012年1月17日 たけしのみんなの家庭の医学 肩こり編
 2012年1月17日 たけしのみんなの家庭の医学 便秘編
yaoki | - | - | pookmark | category:たけしのみんなの家庭の医学

ブログ内検索

『お願いランキング』、『お試しか』で取り上げられたお店をチェック!お店の名前やキーワードを入れて検索すればこのブログ内の関連記事を表示します

Category

NewEntry

Others