Home >> たけしのみんなの家庭の医学 >> [たけしの家庭の医学] めまい改善 12月11日/めまいリハビリ体操 新井基洋

[たけしの家庭の医学] めまい改善 12月11日/めまいリハビリ体操 新井基洋

2012年12月11日 テレ朝たけしの家庭の医学は3時間スペシャル
しつこい身体の不調を解消する5つの新事実SP第3弾!めまい編
出演者:ビートたけし 喜多ゆかり うつみ宮土理 モト冬樹 岡本麗
岸本加世子 ガダルカナル・タカ 松本伊代 他
2012年12月11日 たけしの家庭の医学の全情報はページ最下段のリンク参照

■めまい
・めまいとは、多くの場合、耳の三半規管などのバランスを司る器官に障害が
 起こり、片方の機能が低下、左右の機能に差が生じることで起こるもの
・特に女性に多く、女性だけでも約200万人が悩まされている
・薬による治療で良くなる患者さんがいる一方、原因がわからず長年悩まされる
 ことも多い


横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長 新井基洋先生
⇒左右の機能に差を補い、バランスを良くするヒントがフィギュアスケート
 選手にある
 選手たちは回転しても、バランスを崩さず回り続けられる
 フィギュアスケート選手と同じように小脳を鍛え、機能を高めることで左右の
 バランスをうまく修正でき、めまいの症状を改善できる可能性がある
 小脳は目・耳・足からの情報を統合し、平衡感覚を保っている
 小脳を鍛えておけば軽い三半規管の左右差は修正することができる


■小脳の機能を簡単にチェックする方法
<平衡感覚を簡単チェック!マンテスト>
⇒小脳や三半規管など、平衡感覚に関わる部分をチェックする検査法
1.足を縦に並べ、手を身体につけて気をつけの姿勢になる
2.そのまま目を閉じて30秒立つ
・30秒バランスを保てればクリア!
・30秒持たずにふらついたらレッドカルテ!

<めまいのある人ができなかった場合>
・三半規管の機能に左右差があり、小脳がそれを修正できていない

<めまいのない人ができなかった場合>
・自覚症状がないだけで、将来めまいを起こしやすい可能性がある


■長引くめまい 3つのタイプ
・頭を動かした時にめまいを起こすタイプ
⇒振り向いたり、上を向いた時など、頭を動かした時に起きるめまい

・目線を動かした時にめまいを起こすタイプ
⇒新聞を読んでいる時や、物を目で追った時などに起きるめまい

・立ったり歩いたりする時にめまいが起きるタイプ
⇒椅子から立ち上がったり、動いている時のめまい


■小脳を鍛えてめまいを治す!めまいリハビリ体操
<頭を動かした時のめまい:耳の刺激体操>
・目の前に親指を立て、そこから目線を外さないように頭を左右に20回動かす
⇒耳の三半規管が刺激される

<目を動かした時のめまい:目の刺激体操>
・頭が動かないよう人差し指で顎を押さえながら親指を左右に20回動かす
⇒この時、目線だけで動きを追うこと

<立ち上がった時のめまい:足の裏の刺激体操>
1.目を開けたまま、椅子から「立つ」「座る」を交互に5回行う
2.その後、目を閉じて同じように「立つ」「座る」を5回行う

※この体操は、めまいを誘発することがあるため、
 強いめまいがある方は、必ず医師と相談の上、行ってください。
 めまいのない方には、小脳が鍛えられ、めまい予防に効果的


問.乗り物など、逆方向に乗ると気持ち悪くなるのは?
答.目からの情報と耳や足からの情報が違うため、小脳が混乱しやすい
  そのため、逆方向に乗って気持ち悪くなる人は小脳や三半規管の機能が
  悪い可能性がある




2012年12月11日 たけしの家庭の医学の全情報
 しつこい身体の不調を解消する5つの新事実SP第3弾 尿トラブル編
 しつこい身体の不調を解消する5つの新事実SP第3弾 腰痛編
 しつこい身体の不調を解消する5つの新事実SP第3弾 めまい編
 しつこい身体の不調を解消する5つの新事実SP第3弾 知覚過敏編
yaoki | - | - | pookmark | category:たけしのみんなの家庭の医学

ブログ内検索

『お願いランキング』、『お試しか』で取り上げられたお店をチェック!お店の名前やキーワードを入れて検索すればこのブログ内の関連記事を表示します

Category

NewEntry

Others