Home >> 名医にQ >> [名医にQ] 痔(じ)の悩み/種類/症状/治療

[名医にQ] 痔(じ)の悩み/種類/症状/治療

2011年6月25日 NHK教育 名医にQは解決!痔(じ)の悩みです
痔の種類、症状、治療についての解説です
出演者:
古屋和雄、唐橋ユミ、生島ヒロシ
山名哲郎(社会保険中央総合病院)、山口トキコ(大腸肛門病専門医)
服部和伸(大腸肛門病専門医)

■痔の種類
・いぼ痔
肛門にいぼができる
男女とも最も多い
・切れ痔
肛門に切り傷ができる
女性に多い
・痔ろう
肛門に膿のトンネルができる
男性に多い

■症状となりやすい人
・いぼ痔の症状
通常はあまり痛くない
歯状線の外側に血まめなどができると
痛みを伴う
痛みがなくても、いぼ痔の特徴である
排便時の出血がある場合には注意が必要
・いぼ痔になりやすい人
便秘でいきむことが多い
一日中座りっぱなし
妊娠や出産

・切れ痔の症状
硬くなった便が肛門を通過することなどで
肛門が切れた状態
激しい痛みが伴う
出血の程度は少ない
排便後も痛みが続く
・切れ痔になりやすい人
便秘気味の人
若い女性
肛門が狭い人

・痔ろうの症状
歯状線のくぼみにある小さな穴に
便の中の大腸菌などの細菌が入り込み
炎症を起こして膿のトンネルができて
しまい膿が破れてできる
膿ができると周囲が腫れてきて
ずきずきとした痛み、また発熱もともなう
膿がでたあとは痔ろうとなるが
お尻がじくじくしたり下着がよごれたりする
・痔ろうになりやすい人
男性
下痢気味の人
免疫力が落ちた時

■痔の検査
・診療
→肛門科。肛門科がない場合は外科、消化外科でも
・問診
→問診表に自分の症状を記載
 問診の項目は出血・いぼの脱出・痛み・かゆみ・便通など
・肛門の診察
→男性・女性問わず横向きに寝てズボンをすこし下ろして診察
腰の上にタオルなどをかけてなるべく恥ずかしくない方法で
診察するのが一般的
・診察内容
→指診、肛門鏡(こうもんきょう)

■痔の治療
・切れ痔の薬
坐薬、軟こう、軟便剤など
・切れ痔の治療
生活習慣の改善
・切れ痔の手術
括約筋すこし切開する15分程度の手術

・いぼ痔の薬
坐薬、軟こう、軟便剤など
・いぼ痔の治療
生活習慣の改善
薬以外の治療法は
ゴム輪を使った治療、注射療法、手術
手術した場合に昔は退院に2週間ほど日数を
ようしていたが最近では1週間、早くて3日ほどで
退院できる
出血程度なら薬の治療で良い
痔が飛び出す症状で飛び出すのが気になる人は
手術での治療が必要となる

・痔ろうの治療
膿を少し切り膿を出してやる
痔ろうの場合は手術をするしかない

yaoki | - | - | pookmark | category:名医にQ

ブログ内検索

『お願いランキング』、『お試しか』で取り上げられたお店をチェック!お店の名前やキーワードを入れて検索すればこのブログ内の関連記事を表示します

Category

NewEntry

Others