Home >> たけしのみんなの家庭の医学 >> [たけしのみんなの家庭の医学] 長引く目のぼやけ 脳脊髄液減少症 12月15日/2重に見える

[たけしのみんなの家庭の医学] 長引く目のぼやけ 脳脊髄液減少症 12月15日/2重に見える

2015年12月15日テレビ朝日たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学は
治らない症状の本当の原因は?名医のセカンドオピニオンSP
謎の「目のぼやけ」脳脊髄液減少症・2重に見える要注意の病編
井上眼科病院名誉院長 若倉雅登先生
出演者:ビートたけし 斎藤真美 前田吟 榊原郁恵 熊谷真実 陣内智則
ガダルカナル・タカ 他
2015年12月15日たけしのみんなの家庭の医学情報はページ最下段のリンク参照



■神経・心療眼科
・一般の眼科は網膜や水晶体などの目そのものの機能を診る
・神経・心療眼科は脳から目へつながる神経の異常やストレス
 などの精神的な問題まで網羅
・様々な観点で新たな眼科治療を開始


謎の「目のぼやけ」を神経・心療眼科の名医が診断!
■62歳男性の症例
★ファーストオピニオン:眼精疲労(疲れ目)
・眼精疲労は目の使い過ぎにより焦点を調節する筋肉が一時的に
 緊張し目のぼやけを起こす

★セカンドオピニオン:脳脊髄液減少症
・脳脊髄液減少症とは脳や脊髄の周りを満たす髄液が何らかの原因で
 腰などから漏れ出し減少。その結果、脳が下がり、神経が引っ張ら
 れ、肩や首の痛み・頭痛、目のぼやけなど様々な症状を引き起こす病
・脳脊髄液減少症の年間発症数な約5000人だが、潜在患者は約10万人
 いるともいわれている
・主な原因は交通事故や転んで尻もちをつくなどの外的要因

・腰周辺にある脊髄を保護する硬膜に穴が開き、そこから髄液が
 漏れて発症
・脳のMRIでは髄液の量は計測できないため、症状から腰の検査を
 しないと原因特定は難しい


■眼球以外が原因で目のぼやけが起きるその他の要注意の病

★2重に見えるぼやけ
・文字なども横にずれて見える
・縦や斜めにずれて見えることも
※2重に見えるぼやけが度々起きたら神経眼科などで受診を




2015年12月15日たけしのみんなの家庭の医学情報
 謎の「胸やけ」全身性強皮症・狭心症・逆流性食道炎編
 謎の「腰痛」化膿性脊椎炎・腹部大動脈瘤・慢性腰痛劇的改善法編
 謎の「むくみ」特発性浮腫・総合診療科編
 謎の「目のぼやけ」脳脊髄液減少症・2重に見える要注意の病編
yaoki | - | - | pookmark | category:たけしのみんなの家庭の医学

ブログ内検索

『お願いランキング』、『お試しか』で取り上げられたお店をチェック!お店の名前やキーワードを入れて検索すればこのブログ内の関連記事を表示します

Category

NewEntry

Others