Home >> たけしのみんなの家庭の医学 >> [たけしのみんなの家庭の医学] 舌の筋力を鍛えるスルメトレーニング 2月2日/開眼片足立ちテスト

[たけしのみんなの家庭の医学] 舌の筋力を鍛えるスルメトレーニング 2月2日/開眼片足立ちテスト

2016年2月2日テレビ朝日たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学は
身体を老けさせない秘密SP舌を鍛えて全身の筋力アップ
日本歯科大学教授 口腔リハビリテーション多摩クリニック院長 菊谷武先生
東京大学 高齢社会総合研究機構 飯島勝矢先生
出演者:ビートたけし 斎藤真美 中山秀征 中田喜子 ガダルカナル・タカ 他



■開眼片足立ちテスト

1.両足で立った状態で手を腰にあてる

2.その状態から片足を上げ、何秒立っていられるか計測する
<解説&診断>
・このテストは太ももや腹筋など全身の筋肉の状態を推測できる

・自分の年代の平均秒数以上立っていられれば、筋肉の働きは維持
 されていると推測される


■舌が衰えると全身の筋力の老化が早まる

<舌が弱まると…>
・舌の筋肉は、他の筋肉とは違い、3次元的に繊維が走っている
・舌が自由に動けることで複雑に動いて咀嚼を助けている
・舌の筋力が弱まると、物が食べづらくなるどころか全身の筋力の
 衰えに繋がる
<したが弱まるとなぜ全身の筋力が低下するのか>
・舌などの口腔機能が少しでも衰えてくると柔らかいものを選ぼうとする
・硬い肉などを避けるようになり、タンパク質の欠如により筋肉が
 大きく減ってしまう


■舌の筋力が衰える原因の1つ:生活習慣
★咀嚼回数が少ない
・舌は物を噛むのに最適な歯を探し、そこへ食べ物を運んでいる
・最後に舌をスプーンのような形にして、バラバラの食べ物をまとめ
 舌を上あごに押し上げ、一気に喉へと押し込む
・噛めば噛むほど舌の筋力を維持できる

★会話が少ない
・話すと、舌は伸びたり縮んだり、前に行ったり後ろに行ったりと
 自在に変形しながら巧みな動きをする
・人と話せば話すほど舌はよく動くので、舌の筋力を維持できる


■舌の筋力を鍛える方法
★スルメトレーニング法

1.スルメを1本口にくわえる

2.舌でスルメを奥歯へ移動させる

3.1回噛む

4.舌で反対側の奥歯へ移動

5.1回噛む
6.何度も繰り返し、飲み込みやすくなったら終了
・1日3本行う


yaoki | - | - | pookmark | category:たけしのみんなの家庭の医学

ブログ内検索

『お願いランキング』、『お試しか』で取り上げられたお店をチェック!お店の名前やキーワードを入れて検索すればこのブログ内の関連記事を表示します

Category

NewEntry

Others