Home >> サタデープラス >> [サタデープラス] 痛風 ぎっくり腰 予防改善対策 2月20日/予防する食材 バスタオル体操

[サタデープラス] 痛風 ぎっくり腰 予防改善対策 2月20日/予防する食材 バスタオル体操

2016年2月20日,TBSサタデープラスは、中尾彬さん、サバンナ高橋さんは痛風に
ココリコ田中さんはぎっくり腰に人のフリ見て我がフリ直せ!芸能人激痛物語
富永ペインクリニック 富永喜代先生
東京医科大学病院主任教授 小田原雅人先生
出演者:丸山隆平(関ジャニ∞) 小堺一機 小島瑠璃子 森永卓郎
水野真紀 サバンナ高橋 中尾彬 ココリコ田中 勝間和代 他



■痛風
・痛風は予備軍を含めると男性の3人に1人
・誰もがなり得る生活習慣病
・体内で増えすぎた尿酸が結晶化し関節にたまり炎症を引き起こすと
 激痛がやってくる
・その尿酸の原料となっているのが「プリン体」

■プリン体クイズ
★この中でプリン体が1番多いのは?
・牛肉・豚肉・鶏肉⇒正解は「鶏肉」
・鶏のもも肉・鶏のささみ・鶏の皮⇒正解は「鶏のささみ」
・たらこ・イクラ⇒正解は「たらこ」
※ちなみに車エビに含まれるプリン体は多く、195咫覆いら53貫分)

■痛風の対策
・プリン体を減らすことができる簡単な方法は「湯通し」
⇒プリン体は水溶性なので水に溶けだす
・ビールをやめても、アルコール量が増えると尿酸は、むしろ上がる
 ケースが多い
⇒大量のアルコールは尿酸を体外に排出するのを防いでしまう

■痛風を予防する食材
★乳製品
・製品に含まれるアミノ酸が、尿酸の排出を促進
<1日の目安>
・牛乳…コップ1杯
・ヨーグルト…1カップ
・チーズ…1切れ
※水分を多く摂取して、尿として尿酸をたくさん排出することも大切

■ぎっくり腰
・厄介なのは、突然で陥ることとそれを何度も繰り返してしまうこと
・不安や恐怖心を抱えていると痛みを司る神経が過敏になり
 少しの痛みでも激痛と感じてしてしまう事があるという
 さらに腰の筋肉が凝り固まると、ぎっくり腰をより招きやすくなって
 しまう

■ぎっくり腰危険度チェック
・床に足を伸ばして座り、力を抜く
<診断>
・この時、左右のつま先の角度に差があれば要注意

■バスタオルで出来る腰痛改善法
1.バスタオルを半分に折り畳み、それをまた半分にする
2.三つ折りにして、さらに半分に折りたたむ
⇒目安は厚み8cm
3.タオルをくびれの真下に当て、そのまま、仰向けに
  寝転がる
4.力を抜いたまま、腰をタオルから左右に落とす
<解説>
・腰回り全体の筋肉をまんべんなくほぐす
・指圧では届かないインナーマッスルまで効果てき面

■ギックリ腰の痛みを和らげる方法
・痛みがある側の足の薬指の根元をつまみながら指先へと
 引っ張る様に刺激する
<解説>
・腰の痛みを感知する坐骨神経が足の薬指付近に通っており
 これを刺激する事で、過敏になっている神経が落ち着き
 痛みが和らぐ


yaoki | - | - | pookmark | category:サタデープラス

ブログ内検索

『お願いランキング』、『お試しか』で取り上げられたお店をチェック!お店の名前やキーワードを入れて検索すればこのブログ内の関連記事を表示します

Category

NewEntry

Others