Home >> ためしてガッテン >> [ガッテン] 蚊に刺されにくくなる方法 8月31日/足裏を拭く・洗う ハッカ油

[ガッテン] 蚊に刺されにくくなる方法 8月31日/足裏を拭く・洗う ハッカ油

2016年8月31日NHKガッテン!は人類最凶の敵!「蚊」撃退大作戦!
出演者:立川志の輔 小野文惠 清水ミチコ 松村邦洋 大島麻衣 他



■蚊の季節
・蚊の活動がもっとも盛んになる気温は25〜30℃
⇒真夏は朝晩よく活動する
・少し過ごしやすくなってくる9月〜10月が蚊にとって
 活動しやすい時期

■蚊の感染症
・世界では蚊が運ぶ様々な感染症(マラリアやデング熱など)で
 毎年100万人が死亡しているといわれている
・日本でも近年デング熱やジカ熱の感染者が出ている
・他にも注意しなければいけないのが「日本脳炎」
⇒蚊が運ぶウイルスで感染し、発症すると死亡率が4割にもなる
 恐ろしい病気
・国内での死亡例は減ってきているが、家庭で飼われているペット
 の血液の平均4割がウイルスに感染していることが分かった
⇒ウイルスに感染したペットが蚊に刺されると感染症をうつされ
 る可能性もある

■蚊に刺されやすい人とそうでない人の違い
★蚊に刺されやすい人は「足の常在菌」の種類が多い(多様性が高い)
・人間が鼻でかぎ分けられる匂いとは別に、一部の常在菌が出す
 脂肪酸などの化学物質や、常在菌の割合が蚊を興奮させ、血を吸う
 行動をひきおこす
※常在菌は健康な人の皮膚に必ず存在する菌で、それ自体はまったく
 体に害を与えるものではない
 腸内細菌のように、人によって菌の種類や数の割合が違う

■蚊に刺されにくくする方法
★足裏を拭く
・アルコールをつけたティッシュで足首から下をよく拭く
⇒効果が期待できるのは数時間
 蚊がいる場所に出かける直前に足を消毒すると効果的
※石鹸で足の指の間などを洗うだけでも効果あり
※消毒の効果は人によって違う

★足や手・首筋に「ハッカ油」をつける
・ハッカ油の独特の香りが、蚊をよせつけなくする効果がある
・直に塗るのではなく、薄めてスプレーするのが効果的
⇒精製水90ml・消毒用アルコール10ml・ハッカ油20〜30滴
※揮発しやすく、効果が続く時間が短いので、スプレーを持ち歩いて
 こまめに使うのがオススメ

★市販の蚊よけ剤を賢く使う
・蚊が嫌がる香りは「ハッカ油・シトロネラ・ユーカリ・レモングラス」
 などのハーブや「ヒノキ油」など
⇒蚊が強い香りを嫌がって近寄らなくなる
 薬品ではないので、比較的体に優しい一方、効果の持続時間が短めな
 ので、こまめに使うとよい
・虫を直接殺す作用がある薬剤「蚊取り線香・直接衣服にかけるタイプ
 軒先につるすタイプ・衣服自体に成分を練りこんであるタイプ」など
⇒成分としては「ピレスロイド・トランスフルトリン」など
 殺虫剤なので皮膚に直接かけることは避ける
・目隠し効果のある一番数多く売られているタイプ
⇒成分は「ディート・イカリジン」など
 皮膚に塗ることで蚊のセンサーを騙し、塗った部分を人だと分からない
 ようにしてしまう効果がある
 ただ、効き目のある範囲が極めてせまく、塗り残しがあるとその場所を
 狙って刺されてしまうため手で塗り伸ばすなどの工夫が必要
 持続時間が4〜6時間と長く、きちんと使えば効果が非常に高い
※「虫よけ」は必ず使用上の注意をよく読んで殺虫成分の「ピレスロイド」
 「トランスフルトリン」などの表示がある商品は絶対に皮膚にかけない
 ように注意!


yaoki | - | - | pookmark | category:ためしてガッテン

ブログ内検索

『お願いランキング』、『お試しか』で取り上げられたお店をチェック!お店の名前やキーワードを入れて検索すればこのブログ内の関連記事を表示します

Category

NewEntry

Others